動画配信サービス一覧

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオとは

その名の通り、世界のAmazonが運営している動画見放題サービス。Amazonビデオは購入・レンタル形式だが、プライムビデオは上位互換と考えればOKです。
つまり、Amazonビデオが約5万作品観れるのに対して、プライムビデオは約半分の27,000本が見放題という形です。
通販などで既にプライム会員であれば、すぐに視聴可能という手軽さがウリ。

Amazonプライムビデオの基本情報

月額料金 254円(税別)※実際は年額3,900円(税込)
配信本数 約2.7万本
オリジナル作品
無料視聴期間 30日間
画質 SD、HD
ダウンロード機能 あり
同時視聴 ダウンロード再生なら同時に4台
アダルト ×

Amazonプライムビデオプレミアムのメリット・デメリット

メリット

実質月額325円と動画配信サービスでは最安値

プライム会員の年会費が3,900円(2018年7月現在)なので、12ヶ月で割るとひと月あたり325円となり、他の動画配信サービスと比べて最安値となります。頻繁にAmazonで通販している方は既に入会している可能性も高く、プライムビデオだけでなく、100万曲音楽聴き放題(その上に4,000万曲聴き放題のunlimitedもあり)のAmazonプライムミュージックなど総合的にお得であることは間違いないです。

ダウンロード機能

PCやゲーム機などへのダウンロードは不可ですが、iOS、Android端末、タブレット等には対応してます。予め観たいコンテンツをダウンロードしておいて、移動時に視聴するのには非常に便利です。ダウンロードできる端末は2台まで、合計25本まで可能となります。

オリジナル作品に力を入れている

HuluやNetflixと同様に、Amazonプライムビデオもオリジナル作品に力を入れてます。キラーコンテンツはなんと言っても、「バチェラー・ジャパン」でしょう。元々は世界中でヒットした婚活番組の日本版になります。2018年現在でシーズン2までありますが、一度観始めるとやめられなくなります。その他にもダウンタウン松本人志の「ドキュメンタル」、マンガが原作の「紺田照の合法レシピ」など面白い番組が増えてきてます。

3台まで同時視聴可能

1つのAmazonアカウントで、同時に3本まで同時にストリーミング再生可能です。

デメリット

料金は年払いのみ

最近になり月額400円でプライムビデオが観れるようにはなったものの、最安値の325円のお得さを享受するには、料金は年払いのみになります。と言っても年額3,900円で済む上、メリットにも書いた通りAmazonを使い倒すのであれば、お釣りがくる程お得だと思います。年払いがどうしても不安だという場合は、月額400円で2〜3ヶ月お試しで観てみるのもありです。

将来料金が上がる可能性

アメリカではプライム会員の年額が2018年5月11日より、元々99ドル(約11,000円)だったものが、119ドル(約12,000円)と値上げに踏み切りました。日本の3,900円というのは、他の国と比べると非常に安いです。ただし、クロネコヤマトなどの運送問題もあり、今後日本でも値上げが実行される恐れがあるということは、頭に入れておかなくてはなりません。逆に言えば、今のうちにサービスを使い倒すのが吉です。

一部作品は有料

特徴でも書きましたが、Amazonプライムビデオは「見放題」、Amazonビデオは「レンタル&購入」となっています。時々なんですが、シリーズもの(例えば007など)を公開した年代順に観たい時に、3部作中2部だけレンタルしかないというようなことがあります。まあ、レンタル料金であれば199円とかなので、ケチる必要は全然ないのですが。観たいものがある時はウォッチリストにいれ、配信期間に注意しましょう。

一番面倒なのは筆者の環境だとiPadで視聴するスタイルですが、iOSからは購入不可なので、一度PCで購入してからiPadで観なければならないということです。

Amazonプライムビデオはこんな人にオススメ

こんな方におすすめ

  • Amazonヘビーユーザー、または既にプライム会員
  • とにかく安く観たい人
  • ダウンロードして観たい人

Amazonプライムビデオ公式サイトはこちら

-動画配信サービス一覧

Copyright© 動画配信サービスの選び方 , 2020 All Rights Reserved.