動画配信サービス一覧

Hulu

Hulu

Huluとは

Hulu は「フールー」と読み、元々2007年にアメリカで始まった月額課金型見放題の動画配信サービスです。

日本で最初の定額見放題サービスとして始まり、結構な勢いでユーザーを増やしていたところ、日本テレビが資本参入してURLが変わるとか、スマートデバイスのアプリを新しくインストールし直すとか面倒な時期もありましたが、今は落ち着いてます。

ですので、日テレ系のドラマなどは充実していると言って良いでしょう!

Huluの基本情報

月額料金 1,026円(税込)
配信本数 約6万本
オリジナル作品
無料視聴期間 14日間
画質 HD
ダウンロード機能 なし
同時視聴 不可
アダルト ×

Huluのメリット・デメリット

メリット

月額1,026円で見放題

なんだかんだ言って、見放題以外の作品も混じっていたりするサービスと比べれば、分かりやすい料金体系の上作品数も多いしコスパは良いほうです!

海外ドラマが充実している

筆者が最初にハマった海外ドラマはキーファー・サザーランド主演の「24」だったが、その後も「LOST」や「プリズン・ブレイク」なども観てきた。今であれば「ウォーキング・デッド」が人気だが、Huluは元々アメリカのサービスなので、海外ドラマには強い!

マルチデバイス対応

iPhone、iPad、Androidのスマホ・タブレット、AmazonFireタブレットなどはもちろん、SONY・Panasonic・SHARPなどの2014年以降に発売されたテレビ、そしてプレスト3、4、Nintendo WiiUなどのゲーム機、AppleTVやChromecastなどのメディアプレイヤーにも対応しています。

これは、観る場所を選ばず、テレビで観ていたが続きはiPadを風呂場に持ち込んで視聴というようなことも可能です。

観たところまで記憶されている

基本的には、他のサービスも記憶しているのだが時々「最初から」になってしまい、どこまで観たか分からないパターンがある。Huluはその点ネット上に記憶しているのか、続きからの再生は安定してます。

オリジナル作品も充実してきている

日テレの資本が入ったメリットの一つで、日本のミュージシャン(氷室京介、安室奈美恵など)のドキュメンタリーや、竹内結子主演のオリジナルドラマ「ミス・シャーロック」などハイレベルなものも増えてきてます。

デメリット

最新の映画配信は他のサービスより遅め

過去のヒット映画はわりと網羅しているものの、最新の映画の配信に関しては遅めという印象です。

配信が突然終了したりする

基本的には配信スケジュールに則って視聴できるようになっているものの、版権などの関係なのか突然終了(いわゆる打ち切り的な感じ)する作品もある。割合で考えれば少ないのだが、ドラマでシーズンものだったりすると非常にがっかりすることになります。

動画のダウンロード再生ができない

よく出張などにでかける人は、意外に落とし穴。国内のホテルなどであればWi-Fiも完備しているので、充分Huluの視聴環境ではあるが、やはり移動時間に観たいものである。そうなるとタブレットなどにダウンロードして視聴できないのは痛い。

お試し期間が短い

他のサービスだと、大体1ヶ月間の無料視聴期間が設けられているものの、Huluに関しては14日間と短い。14日間もあれば、充分機能は試せるのでデメリットに挙げるほどのものではないが、課金までが短いということでピックアップしてみた。

まとめるとHuluはこんな人にオススメ

こんな方におすすめ

  • 海外ドラマが好きな人
  • 日テレ系ドラマが気になる人
  • HD画質が欲しかったりマルチデバイスで観たい人

Hulu公式サイトはこちら

-動画配信サービス一覧

© 2020 動画配信サービスの選び方